美術館について

2025年春(令和6年度中)
『とっとりの未来を”つくる”美術館』が
誕生します。

これまでの美術館の基本機能*に加え、
人々が集い、楽しみ、交流や活動し、とっとりのアートを発信する拠点として、
居心地の良いおおらかな空間で多様な利用やにぎわいが生まれ、
お気に入りのサードプレイスとなる美術館を目指します。

*収蔵・保存、調査研究、展示、教育普及

 鳥取県立美術館は、約50年にわたる鳥取県立博物館美術部門のコレクションと活動を引き継ぎながら、

収蔵スペースや常設展示室の拡充、ワークショップルームの新設や美術ラーニングセンター(仮称)機能の強化等の

教育普及部門の充実によって、芸術文化にいつでも触れることができる環境を整備します。

また、鳥取県ゆかりの優れた美術に加え、広く国内外の優れた美術・文化や、
同時代の美術の動向を示す作品の収集を継続的に行うことで、
時代とともに成長を続ける魅力的なコレクション形成を図ります。