どうやって事業を進めているの?

県内企業を含む10社で構成する“鳥取県立美術館パートナーズ株式会社”(特別目的会社:SPC)と県が一体となって、設計・建設・運営維持管理・開館準備を進めています。「県民立美術館」の実現に向けて事業者選定の段階から、県民参加型公開プレゼンテーションを行うなど、県民の皆さんにオープンな事業推進を目指しています。
そのため、開館準備段階から「県民みんなでつくる美術館のしくみ」づくりを進め、できるだけ多くの方々と対話の場を持ち、県民の皆さんが参画できる機会をつくりたいと考えています。

事業概要

事業手法:PFI(BTO方式) 
事業期間:事業契約締結日から2040年3月31日(設計・建設期間、開館準備期間+開館後運営維持管理期間15年)
役割分担:県・SPCが協働で実施⇒学芸業務
     SPCが主に実施⇒設計・建設・維持管理・広報・集客・総務・カフェレストラン・ミュージアムショップ

公⽴美術館の新設・運営のPFI事業は全国初の取組み
※BTO方式とはBuild-Transfer-Operateの略。⺠間事業者が公共施設を建設し、施設完成直後に公共に所有権を移転し、⺠間事業者が維持管理・運営を⾏う⼿法。

鳥取県立美術館パートナーズ株式会社

大和リース株式会社
株式会社槇総合計画事務所
株式会社竹中工務店
株式会社懸樋工務店
三菱電機ビルテクノサービス株式会社
山陰リネンサプライ株式会社
富士綜合警備保障株式会社
セコム株式会社
アクティオ株式会社
株式会社丹青社

これまでのあゆみ

『もっと知りたい!』と思った方は、こちらもおすすめ!
・鳥取県立美術館パートナーズの提案概要・A3(2020年1月時点)
・鳥取県立美術館整備基本計画(2018年7月策定)
・鳥取県立美術館整備基本計画概要版(A3版・2018年7月策定)
・鳥取県教育委員会美術館整備局ウェブページ